首都圏緑化サービス
  
ホーム
お問い合わせ お気に入りに登録 お問い合わせフォーム
トップ > アスベスト問題への対応
 
 
 建築用途に用いられたアスベストについて

アスベストは、その化学的物理的特性から建築材料のほか
様々な用途に用いられてきました。
中でも「吹き付けアスベスト」は、昭和40年頃からビル等の
耐火建築材として使われはじめ、
昭和47、48年頃に最も大量に使われました。

しかし、労働安全の面から、
昭和50年、アスベストの吹き付けは原則禁止されました。
現在、これら吹き付けアスベストが使用された
建築物が建て替えの時期を迎えつつあり、
建築物の解体に伴うアスベストの環境への
飛散防止対策が課題となっています。

 アスベストを使用した建築物の対応について

1 アスベストの使用状況の事前調査
  1)設計図書等及び現場目視によって調査を行い状況を把握。
  2) 1)の調査において石綿の使用状況が判明しない場合は、
    石綿を使用していると思われる箇所から試料を採取し、
    X線回折法等によりその有無を確認。
    確認時、採取場所を湿らせて飛散しないよう行う。

2  工事の施工中
  1)防じんシートその他の資材を使用して、飛散を防止する。
  2)粉じんの飛散を防止するため、散水その他の方法で防止する。

3 排水の処理
  施工中に石綿の飛散防止で使われた水は、
  ろ過処理その他の適切な処置を行った後排水する。

当社では以上の様な東京都環境局の解体基準に準拠した工程で
アスベスト対策に取り組み、安全な解体作業を行っております。

 
トップ |会社案内 |業務内容 |解体工事一覧 |建築リサイクル法 |マニフェスト法 |アスベスト問題への対応 |採用情報
Copyright (C) 2007 株式会社首都圏緑化サービス All rights reserved.