首都圏緑化サービス
ホーム
お問い合わせ お気に入りに登録 お問い合わせフォーム
トップ > マニフェスト法
 
 
 マニフェスト制度とは

マニフェスト制度とは、排出事業者が産業廃棄物の処理を委託するときに、
マニフェストに産業廃棄物の種類、数量、運搬業者名、処分業者名などを記入し、
業者から業者へ、産業廃棄物とともにマニフェストを渡しながら、
処理の流れを確認するしくみです。

これによって、不適正な処理による環境汚染や社会問題となっている
不法投棄を未然に防ぐことを目的とした制度です。

 委託基準を満たす義務
1)委託する業者とは直接、書面で契約を結ぶこと
2)委託する業者は都道府県知事等の許可を受けていること
3)委託する内容が業者の許可内容とあっていること
4)業者が処理基準を満たしていること
 マニフェストの保存義務

委託処理する産業廃棄物はマニフェストで管理することが法律で義務づけられています。
 
排出事業者(マニフェスト)
排出事業者 (お客様) A票 B2票 D票 E票
収集運搬業者 (解体業者) B1票 C2票    
処分業者 (中間、最終処分業者) C1票      
上記書類を5年間保存する義務があります。

マニフェストのフローチャート(産業廃棄物管理票の流れ)

 
トップ |会社案内 |業務内容 |解体工事一覧 |建築リサイクル法 |マニフェスト法 |アスベスト問題への対応 |採用情報
Copyright (C) 2007 株式会社首都圏緑化サービス All rights reserved.